<プログラミング学習>
自分の作った絵を自由に動かすことができます。どう,すごいでしょ。
一人1台iPadを使って,「ビスケット」で自分の作った絵を動かしました。
友達と相談したり,見比べながら学習しました。
「ビスケット」を終了して,5・6年生がやる予定の「ピョンキー」に挑戦です。
どこまで行ったかな?いいね,そうだ,そうだ。うまいね。
先生,すごいでしょ。子どもたちこんなに集中して取り組んでいるよ。
クレバ-キッズの熊谷先生から,プログラミングについて学びました。
ピョンキーをどのように動かすか考え,指示を与えました。右へ左へ・・・。
みんな無口になってしまいました。・・・・・・できた!
そうだそうだ,ピョンキーになったつもりで,右へ行くか,左に行くか考えて。
ピョンキーというアプリのステージ3まで進みました。すごいぞ!!!
プログラミングはむずかしくありません。失敗してもいいんです!
もっと見る